我が家の愛犬レオと里親募集中のワンコの預かり日記です。里子に出て幸せになったチッピやふうちゃん(元ユキ)、そしてメイの近況も報告して行きたいと思います。1月12日スタート!


by leo412
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:未分類( 46 )

週末から、我が家に新しい預かりっ子が来ています。
c0031326_19453899.jpg


推定2~3ヶ月。可愛い女の子です。
人間大好き。とっても明るくて可愛い女の子です。


名前はエリマキ模様から、マッキーと呼んでいます。
c0031326_19472954.jpg


里親さんが見つかって、ちゃんとお届けできるまでマッキーを大事に大事に預からせて
いただきます♪

早く里親さんが見つかって、本当のお家で幸せになれますように・・・!


預かり日記は、出来るだけこちらにもアップしたいと思っていますが、今メインで付けているオイラレオの方に主に載せていくことになると思います。そちらもご覧下さい。

よろしくお願いします。
[PR]
by leo412 | 2006-02-08 19:53
オイラレオと同じ内容です。スミマセン!



土曜の午前、ジニーのご家族が近くまで用事があって来るということで、ジニーを
抱っこして顔を見せに来てくれたんです。もう嬉しくて・・・ヨ ヨ ヨ・・・。
その様子は・・・なんと言ったらいいのだろう。幸せそのものだったんです。ジニーは
もちろん、ジニーを囲むご家族のお顔も。

テコテコ歩き出すジニー。ますます、恐ろしいほど可愛くなっている~。
リビングドアの向こうにワフワフしているレオを見つけたら、ジニーはドアの前に
座り、ママさんの顔をジーッと見上げたんです。
ママさんはすぐにジニーの前に座って、ジニーに「うん、レオくんだね」と話しかけて。
うるっ。

お姉ちゃんもジニーをとっても大事に抱っこして帰っていきました。女同士の結束は、
これからますます強くなっていくでしょう。

私は事前に散々‘子犬はもんのすごーく大変ですから~’と伝えておいたのですが、
「困っていることなんて何もありませんよ。と~ってもいい子です」
と言ってくださいました。 ジニー、正式譲渡となりました。

   ☆    ☆    ☆

何を考えていたか。それは、ホントにこれで良かった~・・・、ということ。
大事なジニーを預かって、お見合いも任せてもらった時に、今までの色々なことが
思い出されて・・・道を間違えてしまうところだった。

チッピやふうちゃんはすぐに素晴らしい里親さんに会えたが、メイの初めての
お見合いの時は悲しかった~。
箱に詰められて捨てられていたメイは、箱を開けたとき他の兄弟みんな死んで
しまっていたらしい。
当然環境も悪かったせいで、パルボ発症。命が助かったのだがその後疥癬も発症。
写真ではあまり分からなかったかもしれないけれど、毛がどんどん抜けてきて
痒がる様子はとても可哀相だった。

我が家でもしばらくは直接レオと接することがないよう隔離しながら、獣医さんで
貰った専用の薬用シャンプーを使用して3日に一度シャンプーする生活が続いた。
大嫌いなシャンプー、ずっと頑張った小さなメイ。毛もようやく生え揃って来た時の
お見合いはワクワクしていた。

なのに、お見合い相手は毛並みをとても気にした。疥癬のことを話すと、何やら
後ろで話していた。でも帰り際「うちの子になる?」とメイに言って帰っていったのだ。
しかし・・・お断りの連絡が入った。理由は「疥癬だったから」。

HPには、劣悪な環境から来ている子たちなので、病気などもあることを承知して
ください、とあるのに。メイも一生懸命頑張ったのに。 
もちろん理由は他にあったのかもしれない。でも疥癬を理由にして欲しく
なかった・・・
お見合い相手を見極めれなかったこと、こちらから先に断れなかった悔しさが、
ドドーッと押し寄せてきて、あの時は不覚にも涙が出てしまった!


あの痛みがあるから、構えすぎてしまった。
今回お見合いの後、ジニーの里親さんが言ったある一言が気になってしまった。
大したことではないのだけど、ジニーがこれまで何人もの思いやりの気持ちの
おかげで助かったことや、犬を飼うことの重さを話し過ぎたせいだと思う。少し気弱
になってしまった発言。無理もないのに・・・。
でもメイのことを思い出していた私には、「申し訳ありませんが、この子をお渡しする
ことは出来ません・・・」などと、全くもってエラソウなことを言ってしまったのだ。

そんな私に里親さんは
「うまく言えなくてすみません。もう1度チャンスを下さいますか?」
と言ってくれたのだ。
電話を切って考えてしまった。お見合いの時、実はジニーの赤い糸はこの家族に
繋がっている、と確かに感じた。それを私がプッツリ切ってしまっていいのだろうか。
ダンナに相談すると、ダンナはすぐに答えた。
「その発言は、犬を初めて飼う人の、当然の発言だと思うよ。レオを飼うときの
気持ちを思い出せ。簡単にうちの子になる~?などと言う人よりも、ずっとずっと
深く考えている人の本音の言葉だ・・・」。

そして里親さんは「ぜひ家族に迎えさせてください」と言ってくださった。私もお願い
します、と伝えた。
そして数日振りに会ったジニーの顔はますます輝いていた・・・。エカッタエカッタ、
うるうる・・・

   ☆    ☆    ☆

お見合いは受ける人も迎える側も真剣勝負。長い犬の一生がかかっているの
だから。
お見合い相手には、病気の子も毛が抜けてしまった子も、自分がキレイに生まれ
変わらせてあげたい、マイナス面もプラスに変えるくらいの気持ちで受け止めて
欲しいと願う。
そんな風にお見合いを迎える立場のことばかり考えていた。

でも私、ふとしたことで、お見合いを断られる立場の人の気持ちを今まで考えたこと
が無かったことに気付いた。
家族でその子を迎えたいとお見合いに行って、断られるってどんな気持ちになるの
だろう。
条件は厳しい。大事に預かっている子ならなおさら、どんなことがあってもその子が
ずっと幸せでなくてはならない。当然のことだ。
でも、どうしても言葉が上手く伝わらない時もあるのが人間同士だ。緊張、やっと
会えた焦りなど考えていたことと違う言葉が出てしまうこともあるだろう。
経験浅い私には難しいけれど、ワンコの幸せを見極めようと構えるあまり、言葉一つ
でこれはダメだ!などと早まってもいけないんだなあと、今回思った。
でもくどいけど、物言えぬワンコだからこそ、厳しく見ないといけないのはもちろん
大前提なのだ。
でもこんな私と、大きな気持ちでやり取りしてくれたジニーの里親さんには本当に
感謝します。ありがとうございます・・・

そして、お見合いを断られても、真剣にまた向かい合おうとする人もいる。
素晴らしいと思う。
どうか、あきらめないで、縁がある子に会える日まで頑張って欲しいと思う。



あ、いや~、長々と書いて、何が言いたいかというと・・・

望まれて、幸せになれる幸運が、里親探し中のたくさんのワンコに訪れますように。


ああ、うまく書けない・・・。まだ体調不完全・・・?いつものことか?
c0031326_2175966.jpg

[PR]
by leo412 | 2006-01-16 21:14
ありがとうございました!本日、無事にグーちゃんをお届けしてまいりました♪
リンクしてくださった方々、本当にありがとうございました。心からお礼を言わせて
戴きます!


お届けに行くと、リビングにいろいろなワンコグッズを揃えて、ご家族皆さんキラキラ
のお顔で待っていてくれました。

たくさん質問してくれました。初めてのワンコ飼い、不安とドキドキとワクワクが入り
混じっているのが伝わってきて・・・。
でもお見合い前に買っていた「犬の飼い方」の本を、みんなで読んでくれていた
のがよ~く分かりました。
テコテコとリビングを探検して歩き回るグーちゃんを家族みんなでニコニコと見て
いる様子に、私嬉しくて涙が出そうでした~。

夜はお姉ちゃんのお部屋で寝る準備も出来ていました。良かったね・・・。

c0031326_20125361.jpg

2人のお兄ちゃんとお姉ちゃんが出来たグーちゃん。
新しい名前は「ジニー」!
ハリーポッターのお友だち、ロンの妹の名前です。可愛がられるんだよ~~~。


ジニー兄弟を助けてくれたSさんからの大事なお金は、話し合った結果、兄弟を
それぞれ運んでくださったボラの方への交通費やこの子の医療費にさせて
もらいました。
残ったお金で、ジニーちゃんと兄弟犬・陸くんへオヤツを買いました。
里親さんにもらってね~!
c0031326_2021166.jpg
                      ありがとう~!

さて。今回久しぶりの預かりっ子で、どうしてもセンターのことを思い出してしまった。
関西でセンターボラをしている、みよちんさんの話も聞いて、幸せになれたジニーの
輝く顔と裏腹に起きている、悲しいことも忘れてはいけないと思った。

以前、センター近くで頑張っているボラ関係者の人に、センターに動物を持ち込む
人の身勝手な話を聞いた。
純血種を飼って(買って)は飽きたと言って、持込を繰り返す人もいるらしい。
ブリーダーが親戚の人を使ってまで、繁殖後の犬を何度も持ち込む話も聞いた。
老犬になったから持ち込む人もいる、とセンターの職員の人も言っていた。

そんな人の話を聞いて、氷鬼になった私は思う。
処分の為に持ち込んだ飼い主にワンコのリードを手放させるのは、’保護’センター
の明るい受付で支払いを済ませた時にさせるべきではない、のではと。

ワンコと一緒に地下に降りて、入り口を開け、更に重いドアを開け、中に入って
冷たい檻の入り口を開けさせる。
そして強烈な吠え声の中、1日目の檻にワンコを入れ、「ガチャン」 と鉄のドアを
閉めるところまでするべきではないかと思う。

あの、あまりにも悲しい場所に無理やり置いて来ることに、自分の勝手さを、
置いていかれたワンコやニャンコの悲しみを少しでも思って欲しい。
明るい地上の受付で、悲しい現実も見ないで‘サヨナラ’なんてさせたくない。

あってはいけない。絶対繰り返してはいけないから。 私・・・怖い?


今月の2日、関西のワンコ新年会で会ったサリーちゃんが、5日にお星様になった。
14歳だった。大事に育てられ、可愛がられて、幸せなまま虹の橋を渡ったのだ。
c0031326_21101511.jpg
それは私の目標だ。レオが虹の橋を渡るときは、後悔なく見送れるように、これから
の月日を一緒に暮らして生きたい。
c0031326_20343617.jpg
   可愛いグー・・・いえ、ジニーちゃん。オバチャンの方が夜鳴きしそうだよ・・・。
[PR]
by leo412 | 2006-01-09 21:10
皆さん、ありがとうございました。 グーちゃんの本当のおうちが見つかりました!

あっという間でした。
兄弟犬‘陸くん’に続いて、グーちゃんも幸せを掴むことが出来たんです。
c0031326_22182038.jpg

里親希望の方には色々な思いをたくさん伝えました。
グーちゃんのこれまでのこと、子犬は本当に大変なこと、長い犬生を家族同様
大事にしてくれること、迷子札のこと、避妊手術のこと・・・
里親さんはまっすぐに聞いて、受け止めてくださいました。
とってもとってもいい方でした。グーちゃんと縁を感じるんです、と言ってくれました。
嬉しかった~~~・・・

そして今日、グーちゃんはステキな6人家族の仲間入りすることに決まったのです。
c0031326_2281477.jpg

早速里親さんは準備に入っています。もう犬の飼い方の本も買ってくれたそうです。
グーちゃん、明日お届けしてきます。寂しいけれど、グーちゃんにとっては早い方が
いいと思うから。

c0031326_22171461.jpg

嬉しいけど、寂しい。本当に本当に可愛いんだもの。でも幸せになれるよ。

応援してくださった方々、リンクしてくださった方々、本当にありがとうございました。
そして私をグーちゃんに会わせて下さった方々にも深く感謝します。
努力してくれて、助けて下さって、本当にありがとうございました。
バトンはしっかりと、つながりましたよ。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グーちゃんのお母さんはどんな犬だったんだろう。
男の子ワンちゃんと2匹で一緒にいたけれど、他にも兄弟はいたのかな・・・
お母さんも兄弟達も、安心できる場所で眠ることが出来ていますように。
[PR]
by leo412 | 2006-01-08 23:03
今日わかったこと~。

それは、グーちゃんが・・・ボール大好きだということ。
c0031326_21524737.jpg
レオはボールに興味なしだから、何だかとっても嬉しい。ボールを転がすと
自分も転がりながら、いつまでも遊んでいる。

う~ん・・・なんて可愛いグーちゃん。ボールの取り合いも楽しいわ♪
c0031326_21514240.jpg
                  エッホッ エッホッ 


グーちゃん、お腹にいた虫さんと無事にバイバイ。あ~、スッキリ♪
たっぷり寝て、寂しいときはヒンヒン鳴いて、ご飯をモグモグよく食べて、
遊ぶ時はハシャいで、退屈になったらトイレシートをガジガジして・・・

とても子犬らしい子犬のグー。


c0031326_21561990.jpg
今日はレオにそ~っとタッチ。レオが近づいたら、コロンとお腹を見せた。
うんうん。いい子だなあ~。


ケージから出て、コロコロ遊ぶ姿は恐ろしいほど可愛い。
こんなに可愛いのに、どうして捨てられちゃったんだろう?
あまり母性本能の強くない私だって思う。本来、人には小さくて弱いものを
守ってあげる本能があるはず。男にも女にもね。
だけど、この頃オカシクなってきてるよね。
小さいものを虐待したり、命まで奪ったり。どうしちゃったんだろ?
何かが変だよ・・・。
c0031326_2253451.jpg
                  後姿はやっぱりキツネ・・・
[PR]
by leo412 | 2006-01-07 22:07
グーちゃんがうちに来れたのは、何人かの人たちの思いやりの気持ちのおかげだ。

この凍える寒さの中、放浪(つまり、捨てられた)していた子犬のことを知り、助けを
求めた人、連絡を受けて助けたかったけれど、他の命を助けている途中でどうしても
保護できなくて苦しんだ人、その状況を知り、自分が出来る精一杯のことを、と
その場所まで保護に走り、家で仕事が始まるまで大事に預かっていてくれた人。
そして、迷い込んだ駐車場で警備員をしながら懸命に世話をしてくれたと言うSさん
のおかげだ。(他にもいたらごめんなさい)

私にグーちゃんを手渡してくれた人が、Sさんからです、と白い袋も一緒に渡して
くれた。

家に帰ってバタバタして、その袋の事をうっかり忘れていた。
気付いて慌てて袋を開けた時、Sさんの気持ちがホロリホロリと溢れてきた・・・。

年末年始の時期、子犬たちを見つけて、仕事の合間にでも慌ててコンビニに走って
くれたのだろう、成犬用のドッグフードとジャーキー類が何袋か。何かを食べさせて
あげないと、という気持ちが痛いほど伝わってきた。

そして袋の一番下に、封筒が入っていた。開けると中には一万円札が入っていた。

間に入ってくれた方が「Sさんからです。何も出来なかったから、とおっしゃって
いました」と教えてくれた。

一万円。コレだけあれば、焼肉たくさん食べれるし、ディズニーランドも行ける。
暖かい服だって買える。 それなのに、この子犬のために。


以前チッピをセンターに引き取りに行ったことを、鮮明に思い出した。
その時見つけた千円ワンコ。(千円ワンコのこと
あの子は千円で小さな命を、飼い主に絶たれようとした。
でもグーちゃんには、飼い主でもないのに生きるために、小さな命を守るためにと、
1万円もの大金を出して下さった人がいたのだ。

チッピを引き取るために、少ないけれど「引き出し料」を払った。
しかし、それは3ヶ月以上の犬を一匹処分してもらう「引き取り料」よりも高かった。

大事なお金。大事な大事な小さな命。
兄弟犬は本当のおうちが見つかったけれど、この子はまだおうちが見つからない。
だから、里親さんに代わって私が子犬にとって命取りになる恐ろしい病気に
かからない為、来週必ずこのお金を持ってグーちゃんにワクチンを接種して
来ますからね。

そんな人がいるってことが嬉しくて。まだまだ捨てたモンじゃないなあ・・・。うんうん。

c0031326_2219409.jpg
             グーちゃん  うちに来る前の保護宅にて。
[PR]
by leo412 | 2006-01-06 22:20
戌年がスタートしました。今年も皆さん、どうぞよろしくお願いいたします!!!

さて、預かりっ子が我が家に来ました。2,3ヶ月の女の子で「グーちゃん」と呼んでいます。
グウ~~と鳴くからです。可愛い・・・。
c0031326_18402067.jpg


私がいつも付けている☆オイラレオ☆に詳細等、載せました。
現在こちらと両方付けられるか、ちょっと考え中です。とりあえず、当分はそちらで
グーちゃんをご覧下さい!

素晴らしい里親さんに会えるよう、皆さんご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by leo412 | 2006-01-05 18:42

5月23日(月) メイ

メイの里親さんからメールが届きました。
c0031326_1602872.jpg
                 うちに来たばかりの頃のメイ

メイは避妊手術後、元気に動き回ってしまい(里親さんが手術後心配されて
いました)、腹水がたまってしまったそうです。
稀にあることらしいのですが、4回もお腹から腹水を抜いたそうです。
うう、可哀想だったね。でもそんな話を聞きながら、おてんばちゃんに育って
いることをとても喜んでいる私です。
天真爛漫、無邪気に育てていただいて・・・嬉しい限りです。

メールによると、な、な、なんとまだウレション娘だそうです~~~!ヤッホ♪
里親さんのお母様が遊びにいらしたときなどは、3回もウレションを披露(?)
して喜びを表現しているとのこと。
小さい頃から変わっていないね、人間が大好きなんだなあ~~~~。

愛嬌満点。最近はとっても・・・男らしい顔になってきた・・・らしい。
う~ん、女の子なのに・・・。ぷぷ。
c0031326_15381391.jpg
         可愛い可愛い! ん~~~でも、確かにりりしいメイ?
            困ったちゃん眉毛はどこに行ったの~~?

これはメイのお兄ちゃん、為蔵君の最近の姿です。最近はケージから出ている
ことが殆どになったそうです。よくこうやってよくお外を偵察しているそうで、里親さん
が外から帰るとこうやって迎えてくれるようになったんですって♪
c0031326_15484441.jpg

続いて、為蔵君のアップ。ううう~~~ん、本当にいい顔!カッコイイ!
なんとこの頃は自分から里親さんの顔に自分の顔を近づけて尻尾を振ってくれる
ことがあるそうです!そっと近くに来て座ることも・・・。
その度感激で涙する里親さんご夫婦・・・。 為蔵君、頑張って歩き出してます!
c0031326_1542477.jpg

すっかり落ち着いていたお姉ちゃんワンコのパフィーちゃんも、最近はとてもよく
メイと遊ぶそうです。みんな幸せそうだ~~!
c0031326_15362319.jpg
ちなみにこの写真、大きいワンコがメイですから~!!
2/5のお届けの写真では最前列にいたパフィーちゃん。見比べるとメイが大きく
なったことが良く分かりますね。

もうすぐトトロの庭に広いドッグランが完成するとのこと。これからもっと楽しいね!
[PR]
by leo412 | 2005-05-23 13:15

4月24日(日) メイ

メイの避妊手術が無事に終わりました~~~!!良かった~~~。
メイの里親さんがメールを下さったので、それをご覧下さいね。

  ☆     ☆     ☆

おとといメイの手術も無事終わり、昨日帰って来ました。
病院の診察室で私を見るなり嬉ションをしちゃいました。
先生ごめんなさい。相変わらず嬉ション娘です・・・。(^_^;)
でも、そんな風に喜びを表現してくれるメイ。本当に可愛い!きっとすごく不安な
時間を過したんだと思います。
先生が、手術の経過と今後の事をお話してくださっている間、メイは診察台の上に
いたんですが、すっかり元気がなくてうなだれていました。
ついでに、注射が大嫌いらしく手術した夜も点滴の針を刺すのに一苦労されたと
の事。でも、無事終わりホットしてます。待合室にいたワンコや猫とその飼い主さん
達に愛嬌をふりまき、みんなを虜にしてしまったメイです。自然と周りを笑顔に
させてしまう良い子ですよ。(親ばかですが、いいですよねレオままさんになら)
体重は11Kg近くなり、丁度いい体型だと褒められました。かなり大きくなってます。
パフィーと比べても足がしっかりしているので、もう少しだけ大きくなるような気が
します。
大変な手術をした後なので、3、4日は安静にと言われたのですが、家に帰って
くるなりパフィーと為蔵と喜びの再会を果たし、家中を飛び回ってます。大丈夫
なんでしょうか???
ご飯ももりもり食べてメイ、とっても元気です。
ただ心配なので、たまにはケージで休ませる事にします。
c0031326_2152596.jpg

  ☆     ☆     ☆

どうですか?愛情に満ちてますね~。メイ幸せだね。親馬鹿大歓迎!こんなに
幸せなことはありません。
そしてホントよく頑張った!お家に帰ってお兄ちゃんお姉ちゃんに会えてもう一安心
だねえ♪
オムツをつけているのは、手術と同時にヒートが始まってしまったらしく、その日だけ
つけたようです。オムツつけていても可愛いよーっ!うんうん!
[PR]
by leo412 | 2005-04-24 21:13

4月15日(金) 3匹

可愛い可愛い子たちの様子が届きましたよ。メールが届くのが嬉しくて・・・

メイの里親さんが、3匹で散歩をしている写真を送ってくださいました。
21日に避妊手術を行う予定だそうです。メイ・・・手術頑張って。応援してるから!
c0031326_011517.jpg

為蔵君、尻尾が下がっています。お外の世界はまだまだ怖いんだね。でもね、
時間がきっときっと解決してくれる。
最近のメイは一段と女の子らしくなったそうです。可愛い・・・
相変わらず、人もワンコも大好きで、お散歩の途中人に出会うと嬉しそうによって
行き、おなかを見せて触って、触ってぇぇ~と愛嬌たっぷりとのこと。いいなあ、
ナデナデしたいなあ。
「人にびびっている為蔵と、興味を示さないパフィーとは対照的で結構笑えます。
よくもまぁこんなに性格の違うワンコが揃ったものだとけっこう得している気分です。」
とのコメントがありました。メイ、とっても幸せだ~。


次はふうちゃん(元ユキ)。
穏やかで人間大好きワンコに成長しました。今週避妊手術を予約していた前日に
少し体調を崩したため、手術は少しだけ延期になりました。
優しいふうちゃん、縁あって迎えた弟くんの相手を良くしてあげているそうです。
弟くんは甘噛み盛り!齧り付かれてもふうちゃんは決して本気で怒らないので、
家族みんなでふうちゃんを守ってるそうですよ。ふふ。と~~~っても可愛がって
もらっています。相変わらずトイレ完璧!すごい子です♪
c0031326_0112330.jpg


チッピはお庭の素晴らしい桜の下で、また更に美しいワンちゃんになっていました。
c0031326_0115211.jpg
c0031326_012212.jpg

チッピ姫、贅沢♪これからず~っとこの季節はお家でお花見が出来るんだもの。
なんて桜の似合うワンコでしょ!
しかし、パパママはもちろん、同居されてるご両親にもお世話をしてもらい、
お向かいに住んでいる親戚の方にまで、1日に何度もお散歩に連れて行って
もらってるそうです。
相変わらずチッピはパパ大好きっ子みたいです。他人には早々懐かないチッピ、
守ってくれる人はこの人、と理解したら一生付いていくタイプなんでしょうね。
チッピ、本当に良かったね♪


幸せになったワンたちを見れるのって、なんて嬉しいんだろう~!
[PR]
by leo412 | 2005-04-15 23:12